2013.01.10

FIFA、韓国で八百長関与の41選手を全世界で永久追放処分

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、2011年に発覚した八百長事件に関与したとされ、KFA(韓国サッカー協会)から永久追放をされた41選手に対する処分を全世界に拡大することを発表した。

 今回の処分により、対象となった41選手はFIFAに加盟する他国リーグでのプレーもできなくなることとなった。また、41選手のうち21選手については事件の捜査に協力し、反省も見られるとのことから、2年から5年の猶予期間が与えられ、200時間から500時間の社会奉仕活動を行えば、処分を解除すると併せて発表されている。なお、それぞれの選手の最終的な復帰許可に関してはKFAの判断となる。

 韓国では昨年6月にも八百長事件への関与で10選手が永久追放処分となっており、他のスポーツでも八百長が発覚するなど、問題が深刻化している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る