2013.01.09

メッシ、バロンドール投票でC・ロナウドを外した理由は“チームメートが優先”

史上初となる4年連続でのバロンドール受賞を果たしたメッシ

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWのリオネル・メッシが、2012年のFIFAバロンドールを決める投票において、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへ票を入れなかった理由に言及した。

 メッシはアルゼンチン代表のキャプテンとして、3選手に投票。顔ぶれはシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ(ともにバルセロナ)、そしてセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)で、C・ロナウドの名前はなかった。

 4年連続でFIFAバロンドール(※2009年はバロンドール)に輝いたメッシは、受賞後の取材で投票した人選理由について、「チームメートのシャビとイニエスタとは長年一緒にプレーしてきたし、偉大な選手であり、チームにとって必要不可欠な存在だから投票したんだ。“クン”(アグエロの愛称)も同じ。アルゼンチン代表ではユース時代から一緒にプレーしてきたからさ」と話し、人選の最大の理由が「同じチームでプレーしてきた選手だから」だと明かした。

 同じチームでのプレー経験がないC・ロナウドは自ずと“落選”に。とはいえ、「投票しなかったからといって彼が世界で三本の指に入る選手じゃないと思っているわけではないよ。そんな考えは馬鹿げているからね」と語り、ライバルへ敬意を表している。
 
 なお、メッシは現在発売中の『ワールドサッカーキング0117号(No.244)』におけるインタビューで、次の目標について言及。「次の試合に勝つことさ。いつだって、それが僕の目標なんだ。アルゼンチン代表でワールドカップを制することも僕の夢だよ。バルサでいくつタイトルを獲得しようと、勝ち続けるという目標は変わらない」と、さらなる飛躍への意欲を口にしている。

[写真]=Getty Images

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る