FOLLOW US

4年連続バロンドールのメッシは4割以上の支持を集めて受賞…佐々木監督は惜しくも2位

4割を超える得票を得てバロンドールを受賞したメッシ

 FIFA(国際サッカー連盟)は7日、スイスのチューリッヒで年間表彰式を行い、年間最優秀選手賞である2012年度のFIFAバロンドールを含む各賞を発表した。FIFAは男女の年間最優秀選手賞および男女の年間最優秀監督賞、4部門での得票率を公表した。

 年間最優秀選手賞である2012年度のFIFAバロンドールに選出されたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、全体の41.6%を獲得した。2位となったレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは23.68%で、大差をつけた。3位のバルセロナ所属のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは10.91%だった。

 なでしこジャパンの佐々木則夫監督の2年連続受賞が期待されたFIFA女子年間最優秀監督賞は、前アメリカ女子代表のピア・スンドハーゲ監督が選出された。スンドハーゲ監督は28.59%を獲得。2位だった佐々木監督は23.83%となっており、僅差での決着だった。

 FIFA女子年間最優秀選手賞は、アメリカ女子代表FWアビー・ワンバックが受賞。獲得投票率は20.67%と低く、2位のブラジル女子代表FWマルタが13.5%、3位のアメリカ女子代表FWアレックス・モーガンが10.87%で、票が割れた結果となった。

 FIFA男子年間最優秀監督賞を受賞したスペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は34.51%の支持を得た。レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が20.49%、前バルセロナ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ氏は12.91%で続いた。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO