FOLLOW US

元ブラジル代表FWリバウド、ブラジル2部クラブに移籍で21年目のシーズンに突入

 バルセロナなどでプレーした、元ブラジル代表FWリバウドがブラジルリーグ2部のサンカエターノに移籍することが決定した。40歳のリバウドは、1991年にサンタクルスFC(当時19歳)でデビューして以降、21年目のシーズンを迎えることになる。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 2011年にサンパウロFCを退団した後、アンゴラのサッカーリーグのカブスコルプSCでプレーしていたリバウドだが、けがと監督との対立により、故郷のブラジルに戻ることになった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO