2012.12.31

32歳の元チェコ代表DFが事故死…GKチェフも悲しみ「大きな損失」

 元チェコ代表DFのバーツラフ・ドロブニー氏が、スキー中での事故で死去した。『UEFA.com』が伝えている。

 32歳のドロブニー氏は現役時代に、ストラスブールやアストン・ヴィラ、スパルタ・プラハなどチェコ国内外のクラブに在籍して、2011年に現役を引退していた。

 2002年にはUEFA U-21欧州選手権にキャプテンとして出場。負傷で2試合の出場だったが、優勝を果たしている。A代表でも2004年の日本代表戦など2試合に出場していた。

 悲報を受けたチェルシーに所属するチェコ代表GKペトル・チェフは、以下のようにコメントした。

「悲報を聞いて、非常に胸を痛めている。バーツラフとは旧知の仲で、U-21代表などで一緒にプレーしていた。彼の人生はサッカーと共にあり、だから現役引退後も指導者やコメンテーターを努めていたんだ。本当に早すぎる死で、彼が志半ばでこの世を去ったことを思うと、非常に残念だよ。本当に悲しい日で、特に彼の家族や近しい人々にとって、大きな損失だ。家族に心からお悔やみを申し上げたい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る