2012.12.21

W杯予選で日本と同組のイラク、ジーコ前監督の後任としてマラドーナ氏と交渉か

イラクサッカー協会、マラドーナ氏の代表監督就任を全面否定

 元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏がイラク代表の指揮官に就任することで話し合いが進んでいると、アルゼンチン紙『La Nacion』が報じている。

 マラドーナ氏の代理人を務めるエルナン・トフォニ氏は、「オファーを受けたので、ディエゴに確認した。金銭面の条件を話し合うため、21日にイラクサッカー連盟と話をする」とコメントし、具体的な交渉に入ることを明かした。

 イラク代表は、給与未払い問題などが原因で11月にジーコ監督が辞任し、ハキーム・シャキル暫定監督が指揮を執っていた。

 マラドーナ氏は2010年の南アフリカ・ワールドカップでアルゼンチン代表を指揮。その後、2011年5月からUAEのアル・ワスルの監督を務めたが、今年7月に辞任していた。

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選でイラク代表と同組の日本代表は、2013年6月に対戦を残している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る