2012.11.17

ベッカムの代理人が豪移籍を否定「プレーする計画は全くない」

豪移籍の噂が浮上したベッカムだが、MLS連覇に集中しているようだ

 LAギャラクシーに所属する元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムの代理人が、FFA(オーストラリアサッカー連盟)との移籍交渉を否定した。『スカイスポーツ』が報じている。

 FFAは16日に、ベッカム側とオーストラリア・Aリーグの移籍について交渉中と、連盟の公式HPで発表。しかし、同日にベッカムの代理人が否定。「オーストラリアでプレーする計画は全くない。デイヴィッドはMLSのプレーオフとギャラクシーの連覇に集中している」と語った。

 ベッカムとクラブの契約は、シーズンが終わる今年12月まで。なお、昨シーズンにMLSカップを制して、全米王者に輝いたLAギャラクシーは、今シーズンもプレーオフ西地区決勝に進出。11日に行われたシアトル・サウンダーズとのファーストレグでも3-0と快勝して、2年連続でのMLSカップ進出に王手をかけている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る