2012.11.16

小野と共演の可能性も…ベッカムが豪移籍か、サッカー連盟が接触認める

ベッカムの豪移籍はあるのだろうか

 FFA(オーストラリアサッカー連盟)は16日、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムの代理人から、オーストラリア・Aリーグへの移籍に関して打診があったと、連盟の公式HPで発表した。

 連盟は声明の中で、「ベッカムからのアプローチは、Aリーグの世界的な成長の証だ。ベッカムはスーパースターで、サインすることになれば、アレッサンドロ・デル・ピエロ、エミール・ヘスキー、小野伸二に続く大きな契約となる。しかし、まだアプローチの前段階といったところだ」と発表している。

 契約する場合は、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のシーズンオフ中に10試合程度出場する見込みとなり、パース・グローリーとメルボルン・ハートがベッカム獲得に興味を示していることも併せて公表している。

 また、オーストラリア紙『Sydney Morning Herald』は、小野の所属するウェスタン・シドニー・ワンダラーズが獲得に一番近付いていると報じている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る