2012.10.15

ダイブと非難されたベイルが反論「足をかけられた単純なファールだ」

代表戦でPK獲得のためにダイブしたと非難されたトッテナムのガレス・ベイル

 トッテナムに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルは、12日のスコットランド戦で、同点ゴールにつながったPKを獲得した。しかし、DFを接触していないダイブだったとしてスコットランド代表FWショーン・マロニーがベイルを非難。これに対してベイルは「足をかけられた」と反論した。『スカイスポーツ』が伝えている。

「誰かが足をかけたから、僕はそうなったんだ。そう、彼(ショーン・マロニー)に足をかけられ、僕はその場に立っていることができなかった。単純なペナルティさ」

 ウェールズのチームメイト、ジョー・アレンは、ベイルの言うとおりPKの判定で正しいと感じている。「難しい判定だったが、ベイルの足が刈られたように見えて、ペナルティだったと感じた」と指摘している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る