2012.10.15

ブラジル代表DFマルセロが骨折で約3ヵ月の離脱…日本戦は欠場

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、中足骨の骨折により約3カ月の離脱と医師に診断された。ブラジルフットボール連盟が伝えている。

 マルセロはブラジル代表の練習中に足首を打った。そして診断の結果、右足の第5中足骨を骨折していたことが分かり、16日火曜日にポーランドで行われる日本との親善試合を欠場するほか、手術も必要なため、代表チームを離れることになった。

 マルセロは状況を悲観視ながらも「僕はすぐに戻ってくる。治療して再び招集されるだけの時間はまだあるよ。このチームは非常に良い状態だ。ここを離れるのは少しの間だけさ」とできるだけ早く直すとコメントしている。

 また、マルセロの離脱は所属するレアルにとっても大きな痛手だ。12日に行われたポルトガル対ロシア戦で、すでにもう1人の左サイドバックであるコエントランが負傷している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る