2012.10.07

ウクライナ代表監督、高血圧での入院により退任前最後の試合で指揮を執れず

 ウクライナのオレグ・ブロヒン監督が5日、高血圧のため入院した。『UEFA.com』が伝えている。

 59歳のブロヒン監督は、9月にディナモ・キエフの監督に就任。12日と16日に行われるブラジル・ワールドカップの欧州予選が代表監督最後の試合となっていたが、今回の入院により指揮することができなくなった。

 なお、12日のモルドバ戦と16日のモンテネグロ戦は、アシスタントコーチのアンドリー・バル氏がチームを率いることになっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る