2012.09.21

バイエルンなどで活躍したサリハミジッチが現役引退を発表

バイエルンなどで活躍したサリハミジッチが現役引退を発表

 元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表で、バイエルンなどで活躍したハサン・サリハミジッチが現役引退を発表した。ドイツメディア『スカイスポーツ・ドイツ』が報じている。

 サリハミジッチは、「素晴らしい時間を過ごしてきた」とコメントし、現役引退の意思を明らかにしている。

 サリハミジッチは、1995年にハンブルガーSVでプロデビューを飾ると、1998年にはバイエルンへ移籍。同クラブには2006-2007シーズンまでの9シーズン在籍し、その間ブンデスリーガを6度制覇。2000-2001シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝も経験している。その後ユヴェントスに在籍し、2011年にはヴォルフスブルクへ移籍。2012年6月で契約が満了したため、現在は無所属となっていた。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る