2012.09.13

サンパウロがガンソ獲得へ交渉開始も難航は必至か

2者が保有権を持っているため、サンパウロと獲得交渉も難航が予想されるガンソ

 サントスのルイス・アルバロ・リベイロ会長は、ブラジル代表MFパウロ・エンリケ・ガンソのサンパウロへの移籍で交渉中だと、ブラジルメディア『Radio Globo』のインタビューで応えた。

 リベイロ会長はサンパウロとの交渉があることを認めた上で、「サンパウロが我々に2380万レアル(約9億円)以下の金額を提示してきても意味はないね。紙の無駄になるだけだ。この金額はガンソを獲得するのに最低ラインの金額だ。この問題は肥大化しているし、事態を難しくしている。取引に際し、重要な事項がほかにもたくさんある」と話し、具体的な金額を提示している。

 ガンソの保有権は、サントスが45パーセントを保持。残りの55パーセントを投資グループのDIS社が持っており、ガンソの売却額は総額5300万レアル(約20億円)に設定されている。ガンソ獲得には、サントスとDIS社の両者と交渉しなければならないため、事態が複雑化している。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る