2012.09.12

アルゼンチンはペルーとドローで首位キープ、コロンビアが2位浮上/W杯南米予選

 ブラジル・ワールドカップの出場権を懸けた南米予選が11日、各地で行われた。

 首位に立つアルゼンチンは敵地でペルーと対戦。アルゼンチンはペルーに先制を許してしまうが、37分にエセキエル・ラベッシのクロスへゴンサロ・イグアインが飛び込み、同点に追いつき前半を終える。後半は、お互い得点を挙げることができず、1-1の引き分けに終わった。

 コロンビアは敵地に乗り込み、チリと対戦。ラダメル・ファルカオのゴールなどで3-1と快勝し、2位に浮上した。

 ウルグアイはエクアドルとホームで1-1の引き分け。ベネズエラはパラグアイに敵地で2-0と勝利している。

 この結果、7試合を終え(ベネズエラのみ8試合消化)アルゼンチンが勝ち点14位で首位をキープ。勝ち点13のコロンビアが2位につけ、得失点差でエクアドルが3位。以下、勝ち点12でウルグアイとチリが続いている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る