2012.09.07

シェフチェンコがゴルフで五輪挑戦へ…ゴルフ連盟も太鼓判「十分な腕前を持っている」

サッカー同様、ゴルフでも強烈なショットを見せてくれるのだろうか

 ユーロ2012後に現役引退を表明していた元ウクライナ代表FWのアンドリー・シェフチェンコが、ゴルフでオリンピック出場を目指す決断をしたようだ。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 同紙によると、シェフチェンコは10月に行われる世界アマチュアゴルフチーム選手権に参加。本格的にゴルフのトレーニングを行い、リオデジャネイロ・オリンピックでのウクライナ代表入りを狙うという。現役時代からシェフチェンコのゴルフ好きは有名で、結婚式をゴルフ場で挙げたというエピソードも持っている。

 ウクライナゴルフ連盟のセルゲイ・コジレンコ氏は、「アンドリーは十分な腕前を持っている。我々のベストアマと一緒に大会に出ることになるだろう」と、シェフチェンコの実力を評価している。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る