2012.08.28

元日本代表の廣山が現役引退を発表…海外5カ国のクラブでプレー

 元日本代表MF廣山望が、自身のブログを通じて現役引退を発表した。

 現在、アメリカを中心に運営されているUSL(ユナイテッドサッカーリーグ)のリッチモンド・キッカーズでプレーする廣山は、27日に「17年間」というタイトルのブログを掲載。その中で、「昨夜のホームゲームは自分の現役最後のものとなったが、最後のゲームを家族の前でプレー出来た幸運を嬉しく思う。 17年間のプロ選手としてのキャリアを終える事にはなるが、それは、これから第二の人生を歩むという事ではなく、これまでそうして来たように、これからも限りある一度の人生を家族とサッカーに寄り添って生きていくという事だと思う」と家族への感謝を述べるとともに、現役引退を表明した。

 廣山は、1996年に千葉へ加入。2001年にパラグアイのセロ・ポルテーニョへ移籍し海外挑戦をする。その後、ブラジルのスポルチ・レシフェ、ポルトガルのブラガ、フランスのモンペリエと海外のクラブを渡り歩いた。2004年8月に東京Vへ加入し日本復帰を果たすと、C大阪や草津でもプレー。2011年にリッチモンド・キッカーズに加入していた。

 

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング