2012.08.16

ベネズエラ監督「日本というアジアの強豪相手に高いレベルの試合ができた」

 日本代表は15日、キリンチャレンジカップ2012でベネズエラ代表と対戦。前半に遠藤保仁の得点で先制したが、後半に追いつかれ、1-1で引き分けた。

 試合後にベネズエラ代表のセサル・ファリアス監督は以下のように語った。

―厳しい日程だったが、結果と内容には満足しているか
「非常に満足しています。ベネズエラサッカー協会の会長から今回の試合の提案があったとき、私は迷わずに受け入れました。2年前にも日本と対戦したが、試 合の中でいかに逆境を乗り越えていくかについて、非常に素晴らしい経験をそのとき学ぶことができた。また、ベネズエラのサッカーが非常に成長を遂げて、グ ローバルなサッカーをするチームだという印象を日本の皆さんに持っていただけたと思います。今回のベネズエラ代表は主力選手が何人も欠けた状態でプレーし ましたが、それでも日本というスピーディーなサッカーを繰り広げるアジアの強豪を相手に高いレベルの試合ができたと思います。我々の選手にとって素晴らし い経験になりました。昨日の記者会見でベネズエラのサッカーは南米のサッカーによくある短いパスを繋いでいくサッカーではないのではないかという意見をも らったが、今日の試合では御覧頂いたように短いパスを繋いで、攻めるシーンもありましたし。また、こぼれ球も上手く守れましたし、ゴールチャンスも何度も 作り出しました。私は今日のチームの活躍に非常に満足しています」

―ハーフタイムにどのような指示を出したのか
「前半も非常に安定した戦いをしていたと思うが、前線の選手がまだリラックスした状態でプレーできていませんでした。何かプラスアルファが欠けているよう な感じでしたね。ですが、後半に入ってボールのポゼッションもそうですし、より攻撃の意思が明確になったように思います。彼らはそういうプレーをクラブで やり慣れていますし、それを今回代表で見せてもらわなければならなかったが、その個人的なプレーがより際立ったと思います」

「ハーフタイムの指示についてですが、引き続き安定した試合運びはするように。ただ、前線で攻撃的によりアグレッシブにプレーするようにという指示を出しました」

―守備に関して対策はあったか
「日本は中央からサイドに攻撃を展開していく時に非常に良いプレーをするので、そこを注意するように。また、ファーポストへのシュート、またサイドチェンジをする際に、サプライスが度々もたらされることがあるので、気をつけてプレーするようにという指示を出しました」

 

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る