FOLLOW US

韓国主将の“万歳三唱”パフォーマンスが母国でも話題に/ロンドン五輪

 U-23日本代表は10日、ロンドン・オリンピック3位決定戦で韓国と対戦し、0-2で敗れた。この結果、日本は4位が決定し、1968年のメキシコ・オリンピック以来、44年ぶりとなるメダル獲得はならなかった。

 韓国メディアは、同国サッカー界史上初の銅メダルに輝いたU-23韓国代表チームを称賛しているが、韓国紙『中央日報』は、日本戦で2点目を決めた主将ク・ジャチョルのゴール後のパフォーマンスを話題に取り上げている。

 ク・ジャチョルは得点後、韓国ベンチへ走っていくと、ベンチにいた控え選手などとともに “万歳三唱”を3回行なったが、同紙は「試合の前日に韓国のイ・ミョンバク大統領が竹島を訪問し、日韓両国に深刻な空気が流れており、少なからず政治的なメッセージが込められたパフォーマンスをしたのではないか」と伝えている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO