2012.07.26

ロンドン五輪初戦を前に意気込むギグス「タフな戦いだけど優勝したい」

ギグスがオリンピックを目前にした心境を語っている

 イギリス代表チームの主将としてロンドン・オリンピックに参加するマンチェスター・UのMFライアン・ギグスが、大会に臨む意欲を語っている。イギリス紙『サン』が伝えた。

 

 オリンピックでプレーする心境を、「ウェールズ代表としてメジャーな大会に出られなかったことは、まだ残念に思っている。ユーロやワールドカップに出場するには我々は力不足だった。だけど、キャリアの終盤でこのような大会でプレーするチャンスを手にした。興奮しているし、楽しみだよ」と明かしたギグス。

 

 大会の目標を、「もちろん、すべての試合に勝ちたいし、優勝したい。タフな戦いになることは分かっている。でも、数週間チームのクオリティを見てきたけど、僕たちならいいところまで行けると思うよ」と語った。

 

 また、クラブで獲得したタイトルとの違いを問われ、「メダルやトロフィーに優先順位をつけるのは好きじゃない。優勝した時はいつだって気分がいいからね。勝利だけが目的じゃなく、常に挑戦なんだ。今大会は大きな挑戦だよ」と答えている。

 

 なお、イギリスは26日にロンドン・オリンピック初戦のセネガル戦を迎える。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る