FOLLOW US

セルビア代表FWヴラホヴィッチ、同僚の妻との不倫疑惑を完全否定「ばかげている」

セルビア代表のヴラホヴィッチ [写真]=Getty Images

 セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチユヴェントス/イタリア)が、チーム内に問題はないことを強調した。10月30日、セルビア紙『ダナス』が伝えている。

 現在22歳のヴラホヴィッチは2022年1月からユヴェントスでプレーし、今シーズンはここまで公式戦15試合の出場で7ゴール2アシストを記録している。FIFAワールドカップカタール2022に臨んでいるセルビア代表にも選出され、初戦の0-2で敗れたブラジル代表戦には66分から途中出場を果たしたが、3-3に終わった第2節のカメルーン代表戦で出場機会はなかった。

 ここまでヴラホヴィッチの出場機会が限られている状況に疑問の声が上がっているなか、一部報道で同選手がセルビア代表の控えGKプレドラグ・ライコビッチの妻と不倫していたことが原因だと報じられた。

 しかし、12月2日に行われる最終節のスイス代表戦前の記者会見に出席したヴラホヴィッチは「W杯の記者会見をこんな形で始めなければならないことを申し訳なく思うが、これについて話さなければならない。なぜなら、僕の名前で騒がれているからだ」と切り出し、報道されていることは事実無根だと主張した。

「僕たちが読んだり聞いたりすることでこれほどばかげていることについてコメントする必要もない。でも、これは自由な時間に何もすることがない退屈な人によって誰かを腹立たせるために行われたものだ。彼らは明らかに代表の利益に反して動いていて、これが最大の問題でもある」

「僕たちはこれまで以上に団結していて、チームの雰囲気はかつてないほどよくなっている。これらの話はばかげている。僕は自分の名前と誠実さを守りたいだけだし、必要に応じて法的措置も取りたいと思う」

「これは初めてのことではない。このような重要な試合の前はみんなにはサポートしてくれることを望んでいたけど、それとは全く関係のないことについて話さなければならなくなってしまっている。これらは何も達成していない人たちが僕の名前を使っているだけで、それがなくなればさらに注目を集めることもないだろう。彼らは常に小さな人たちで、日々それを証明している」

 なお、ヴラホヴィッチはここまで出場機会が少ない理由についても言及。「準備はできているから、金曜日にはプレーしたいけど監督が決めることだ。僕は準備ができていなかったから、監督と話し合ってプレーしなかった。ハムストリングと内転筋を痛めていた。ケガを抱えてここに来たが、今はよくなっているよ」と負傷していたことがプレー時間の少ない理由だったと明かした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO