FOLLOW US

アルゼンチン代表がパラグアイ代表と1-1ドロー…メッシがゴールも直前のファウルで取り消しに

W杯南米予選で、アルゼンチン代表とパラグアイ代表が対決した [写真]=Getty Images

 2022 FIFA ワールドカップ カタール南米予選第3節が、12日に行われた。

 エクアドルとボリビア相手に連勝を飾っていたアルゼンチン代表は、ここまで1勝1分のパラグアイ代表と対戦。アルゼンチンは、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWラウタロ・マルティネス(インテル)、MFレアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン)らをスタメンに揃え、パラグアイはFWアンヘル・ロメロ(サン・ロレンソ)やMFミゲル・アルミロン(ニューカッスル)らが先発に名を連ねた。

 21分、パラグアイがPKを獲得すると、A・ロメオが冷静に決めて先制に成功する。先手を取られたアルゼンチンだったが、前半のうちに同点に追いつく。41分、コーナーキックの流れからMFニコラス・ゴンサレスシュトゥットガルト)がヘディングシュートを突き刺した。

 1-1で迎えた後半の57分、MFジオヴァニ・ロ・チェルソ(トッテナム)が左サイドからクロスを入れると、メッシがゴールネットを揺らす。だが、これは直前にファウルがあったとの判定で取り消しとなり、勝ち越しとはならなかった。その後両者は決め手を欠き、試合は1-1のまま終了している。

【スコア】
アルゼンチン代表 1-1 パラグアイ代表

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA