2019.12.09

WADA、ロシアに対し4年間主要大会の出場禁止を決定…東京五輪やカタールW杯など

ロシア
世界アンチ・ドーピング機構はロシアの4年間の主要大会の出場を禁止した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 世界アンチ・ドーピング機構(WADA)はロシアに対して、4年間の主要スポーツ大会の出場を禁止した。9日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 この処分は9日にスイスのローザンヌで行われたWADAの常任理事会にて全会一致で決定された。ロシアのアンチ・ドーピング機構はこの処分に対して21日以内に控訴することができ、その場合はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に処分の決定が委ねられる。

 なお、ロシアが出場を禁止される大会として、2020年の東京オリンピックや2022年にカタールで開催されるFIFAワールドカップ(W杯)などが含まれている。一方、欧州サッカー連盟(UEFA)はアンチ・ドーピング違反に関する規定で“主要なイベント組織”として定義されていないため、EUROなどUEFA主催の大会には出場可能となっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング