2019.06.16

韓国エースのイ・カンインがU20W杯MVP!…得点王は1試合9発のノルウェーFW

イ・カンイン
韓国のエース、イ・カンインが大会MVPに輝いた [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019決勝が15日に行われ、U-20韓国代表を3-1で破ったU-20ウクライナ代表の初優勝で大会の幕は閉じた。

 大会最優秀選手(MVP)のゴールデンボール賞はU-20韓国代表MFイ・カンインが受賞した。今大会は全7試合に出場して2ゴール4アシストを記録。エースとして韓国を初の準優勝へと導いた。アシストランキングでもU-20ノルウェー代表FWイェンス・ハウゲと並んでトップに立っている。

 得点王のゴールデンブーツ賞には9ゴールを挙げたU-20ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが輝いた。ザルツブルク所属で日本代表FW南野拓実と同僚のハーランドは、5月30日に行われたグループステージ第3節のホンジュラス戦で、“トリプルハットトリック”の9ゴールをマークして、大会における1試合の最多得点記録を更新。ノルウェーはグループステージ敗退となったが、ハーランドは1試合で挙げた9得点で逃げ切り、得点王に輝いた。

ハートランド

トリプルハットトリックを達成したハーランド [写真]=FIFA via Getty Images

 大会最優秀GKのゴールデングローブ賞は、U-20ウクライナ代表GKアンドリー・ルニンが選ばれた。ルニンは準々決勝のコロンビア戦を除く6試合にフル出場し、ウクライナの初優勝に貢献した。

ルニン

最優秀GKに選ばれたルニン [写真]=Getty Images

 日本は今大会、トップ4に入ったエクアドルとイタリア、そしてメキシコと同組のグループステージを1勝2分けで突破し、2大会連続で決勝トーナメントに進出。ラウンド16では韓国に0-1で敗れて、2大会連続でベスト16敗退を喫した。チームは4試合で計4得点2失点。FW宮代大聖(川崎フロンターレ)が2得点、MF山田康太(横浜F・マリノス)と負傷離脱を強いられたFW田川亨介(FC東京)がそれぞれ1得点を挙げた。チームは今大会のFIFAフェアプレートロフィーを受賞している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング