2018.07.29

パヴァールのゴールが1位に…ロシアW杯のベスト10ゴール振り返り

ベストゴール
W杯で生まれたゴール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ロシア・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でベンジャマン・パヴァールが決めたスーパーボレーが、国際サッカー連盟(FIFA)が選ぶ今大会のベストゴールに輝いた。大会を大いに盛り上げ、ノミネートされた10個の華麗なゴールを振り返る。

■10位 トニ・クロース(ドイツ vs スウェーデン/グループステージ第2節)

 グループFに入った前回王者ドイツは、優勝候補に名を連ねながらも、第1節のメキシコに敗戦。負けられない戦いとなったスウェーデン戦でも、32分に先制点を奪われる苦しい展開を強いられた。48分にマルコ・ロイスのゴールでなんとか1点を返すも、その後チャンスを決められず。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム5分、敵陣左サイド深い位置でFKを獲得すると、キッカーのクロースが直接狙ったボールがサイドネットに突き刺さり、ドイツが貴重な勝ち点3を手に入れた。

ドイツ

[写真]=Getty Images

■9位 リカルド・クアレスマ(イラン vs ポルトガル/グループステージ第3節)

 2戦を終えて勝ち点4を獲得したものの、イラン戦の結果次第ではグループステージ敗退の危機にあった。なかなかゴールが奪えなかったが、初先発を飾ったクアレスマが45分のチャンスをものにする。右サイドでボールを持つと、アドリエン・シルヴァとのワンツーでゴールに迫り、右斜め45度の位置から右足のアウトサイドでシュート。綺麗な軌道を描いたボールがゴール左隅に決まり、貴重な先制点を記録。試合終盤に同点に追いつかれたものの、ポルトガルは2位でグループステージ突破を決めた。

ポルトガル

[写真]=Getty Images

■8位 アーメド・ムサ(ナイジェリア vs アイスランド/グループステージ第2節)

 クロアチアに敗北し、負ければグループステージ敗退が決まるナイジェリアだったが、大会初先発を飾ったムサが圧巻のパフォーマンスを披露した。49分に先制点を記録し迎えた75分、味方からのロングフィードに反応し、左サイドで対峙したDFを抜き去りペナルティエリア内へ侵入すると、GKまでも交わしてゴールに蹴り込んだ。そのまま逃げ切り、ナイジェリアが大会初の勝ち点3を手に入れた。

ナイジェリア

[写真]=Getty Images

■7位 ナセル・シャドリ(ベルギー vs 日本/決勝トーナメント1回戦)

 グループGを首位で通過し、優勝候補と目されていたベルギーは日本相手に地力を見せつけた。同点のまま迎えた後半アディショナルタイム4分、相手CKをキャッチしたティボー・クルトワからカウンターを仕掛ける。ケヴィン・デ・ブライネがボールを受けるとそのままドリブルで駆け上がり、右サイドフリーで待っていた味方にスルーパスを送った。中に折り返すと、走りこんだシャドリが落ち着いて決めて決勝点を記録。わずか9秒ほどの“高速カウンター”が炸裂し、見事準々決勝進出を決めた。

ベルギー

[写真]=Getty Images

■6位 デニス・チェリシェフ(ロシア vs クロアチア/準々決勝)

 強豪スペインを倒し、勢いに乗るロシアはクロアチアと準々決勝で対戦した。31分、敵陣左サイドの浅い位置でボールを持ったチェリシェフが前線に待っていたアルテム・ジュバとのコンビネーションで突破。相手DFが寄せきる前に左足を振り抜き、ロングシュートがゴールネットに突き刺さった。その後追いつかれ、PK戦の末に敗れたが、開催国として大会を大いに盛り上げた。

ロシア

[写真]=Getty Images

■5位 リオネル・メッシ(ナイジェリア vs アルゼンチン/グループステージ第3節)

 1分1敗とグループステージ突破に黄色信号が灯ったアルゼンチンだったが、ここまで不発だったエースが仕事をする。相手ディフェンスラインから抜け出したメッシが、後ろから来た味方からのロングパスを、左太ももで巧みにトラップしてスペースに持ち出す。最後は利き足ではない右足で冷静に決めてみせた。1点を返されたが、終盤にマルコス・ロホのゴールで勝ち越したアルゼンチンが、苦戦を強いられながらグループステージ突破を決めた。

アルゼンチン

[写真]=Getty Images

■4位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル vs スペイン/グループステージ第1節)

 W杯初戦でポルトガルのエースが大爆発。スペインとの強豪対決で開始3分にPKを沈め、44分にも追加点を決めた。その後逆転されたものの、試合終了間際にゴール正面やや右寄りの位置でFKを獲得すると、GKが動けないコースに弾丸シュートを蹴り込み、今大会初のハットトリックを達成するとともに、母国に勝ち点1をもたらした。

ポルトガル

[写真]=Getty Images

■3位 ルカ・モドリッチ(アルゼンチン vs クロアチア/グループステージ第2節)

 1点を先行して迎えた80分、モドリッチがベスト3に入るスーパーゴールを記録する。ゴール正面でボールを受けてシュート体制に入るも、相手DFがカバーに入ったのを見て動作をストップ。一度左に振ってから、右にボールを持ち出すと右足を振り抜き、強烈なミドルシュートを突き刺した。最終スコア3-0でアルゼンチンを退け、1試合を残してグループステージ突破を決めた。

クロアチア

[写真]=Getty Images

■2位 フアン・フェルナンド・キンテーロ(コロンビア vs 日本/グループステージ第1節)

 4年前に圧勝した相手との初戦は、開始3分で1人が退場となり、なおかつ1点を先行される状況となった。それでも39分、敵陣右サイドでFKを獲得すると、壁がジャンプするのを見込んで地を這うグラウンダーのシュートを放ち、値千金の同点弾を記録。しかし、後半に勝ち越し弾を許し、勝ち点3に繋ぐことはできなかった。

クロアチア

[写真]=AMA/Getty Images)

■1位 ベンジャマン・パヴァール(フランス vs アルゼンチン/決勝トーナメント1回戦)

 アルゼンチンに1-2とビハインドを背負った57分、フランスが今大会のベストゴールを生んだ。左サイドを突破したリュカ・エルナンデスが中央へクロスを送ったものの、味方に合わずにボールはファーサイドのペナルティエリア外へ。走りこんできたパヴァールが右足で振り抜いたシュートが綺麗な弾道を描きながらゴールに向かって一直線に伸び、サイドネットを射抜いた。その後2点を追加したフランスはアルゼンチン最終スコア4-3で下した。

フランス

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る