2018.07.17

英や仏で地下鉄の駅名が変更に…! W杯で活躍した代表チームを称える

サウスゲート駅
サウスゲート駅からガレス・サウスゲート駅に変更された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアで大活躍した代表チームにちなんで、イングランドやフランスでは期間限定で地下鉄の駅名が変更されているところがある。

 1990年のイタリアW杯以来、7大会ぶりのベスト4で終えたイングランドでは、ピカデリー線の「サウスゲート」駅が、同国の代表チームを率いる監督の名から「ガレス・サウスゲート」に変更されている。

 また、1998年以来20年ぶりとなるワールドカップ制覇を果たしたフランスでは、「ヴィクトル・ウーゴ」駅が守護神の名前にあやかり「ヴィクトル・ウーゴ・ロリス」に、「ノートルダム・デ・シャン」駅は同国の代表チームを率いる監督の名から「ノートル・ディディエ・デシャン」に、「ベルシー」駅はフランス語のメルシー(訳:ありがとう)と代表チームの愛称(レ・ブルー)を合わせ「ベルシー・レ・ブルー」に、「シャンゼリゼ・クレマンソー」駅はデシャン監督を称えて「デシャンゼリゼ・クレマンソー」に、「シャルル・ド・ゴール・エトワール」駅はエトワールが星という意味からW杯で2度目の優勝をしたことにかけて「オン・ア・2・エトワール(2つ星)」にそれぞれ変更し、代表チームの偉業を称えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る