2018.07.17

モスクワの裁判所、W杯決勝の乱入者に15日間の収監など判決下す

乱入者と警備員
決勝戦に乱入事件の判決が決定 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFA ワールドカップ ロシア・決勝戦を一時中断させた暴動グループのメンバーに対して、モスクワの裁判所が「15日間の収監」などの判決を下した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に伝えている。

 15日、フランスとクロアチアによる2018 FIFA ワールドカップ ロシア・決勝戦が行われた。白熱の試合が繰り広げられていた一方で、試合中に偽の警官制服を着た数人がピッチに乱入。試合を一時中断させるという異例の事態が起きていた。

 同試合には、ロシアのウラジミール・プーチン大統領や世界の著名な人が多く集まっていたこともあり、世界中から乱入者へ非難が集まっている。そしてモスクワの裁判所は事件後すぐに調査を開始。翌16日には4人の乱入者に3年間スポーツイベントに出席することを禁止した。また、15日間の収監も言い渡している。

 暴動のグループはFIFAに「言論の自由と政策の自由を促進することを目的としていた」と語り、FIFAが「抑圧を実行し、人権を侵害する国家元首の友人」であると非難した。

 なお、決勝の舞台で騒動を巻き起こしたのは、ロシア出身の女性ロックバンド「プッシー・ライオット」。過去にはプーチン大統領の再選に対する抗議活動としてロシアの大聖堂で無許可のゲリラライブを行うなど、過激な反体制活動を行ってきた。

 今回のピッチ乱入もその一環だった模様で、同バンドは公式ツイッターに「全ての政治犯を解放せよ」、「集会での不当な逮捕をやめろ」などと記した画像を投稿。プーチン政権に要求を突き付けている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る