2018.07.16

決勝のピッチに乱入したのは反体制派の女性バンド…SNS上に犯行声明

プッシー・ライオット
W杯決勝の舞台に乱入した「プッシー・ライオット」 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝が15日に行われ、クロアチア代表を4-2で下したフランス代表が、20年ぶり2度目の優勝を果たした。この試合では、51分頃に観客がピッチに乱入。スタジアムは騒然となったが、あるバンドグループが“犯行声明”を出している。

キリアン・ムバッペとハイタッチ [写真]=Getty Images

 決勝の舞台で騒動を巻き起こしたのは、ロシア出身の女性ロックバンド「プッシー・ライオット」。過去にはウラジミール・プーチン大統領の再選に対する抗議活動としてロシアの大聖堂で無許可のゲリラライブを行うなど、過激な反体制活動を行ってきた。

 今回のピッチ乱入もその一環だった模様で、同バンドは公式ツイッターに「全ての政治犯を解放せよ」、「集会での不当な逮捕をやめろ」などと記した画像を投稿。プーチン政権に要求を突き付けている。

 なお、そのプーチン大統領は決勝をスタンドで観戦していた。決勝の舞台を台無しにする行為には、開催国のトップとしても心中穏やかではなかっただろう。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る