2018.07.16

アルゼンチン、サンパオリ監督の退任を発表…W杯苦戦しベスト16敗退

サンパオリ
アルゼンチン代表監督の退任が決まったサンパオリ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は15日、ホルヘ・サンパオリ監督の退任で合意に至ったことを発表した。

 現在58歳のサンパオリ氏は2017年6月にアルゼンチン代表の指揮官に就任。苦戦していた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選で5位から3位へと巻き返し、W杯出場へと導いた。

 しかし本大会では、初戦で初出場のアイスランド代表に苦戦し、1-1のドローでスタートすると、第2戦のクロアチア戦では0-3で完敗。グループステージ敗退危機に追い込まれ、選手との確執の噂なども報じられたが、第3戦のナイジェリア戦では2-1の劇的勝利で逆転突破を果たした。しかし、決勝トーナメント1回戦は、後に優勝したフランス代表と当たり、壮絶な打ち合いの結果、3-4で敗れてベスト16敗退を喫していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る