2018.07.15

優勝はフランスか、クロアチアか…勝敗を左右する“3つのポイント”

フランスとクロアチアが優勝を懸けて激突する [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアは15日、いよいよ決勝を迎える。頂点に立つのは、自国開催となった1998年大会以来の優勝を目指すフランス代表か、それとも初優勝を狙うクロアチア代表か。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、勝敗を左右する3つのポイントを紹介している。

1 エンゴロ・カンテ vs ルカ・モドリッチ

[写真]=Getty Images

 同メディアが「最も興味をそそられるバトル」として挙げたのが、中盤の攻防だ。クロアチア代表MFルカ・モドリッチは63キロメートル、フランス代表MFエンゴロ・カンテは62.7キロメートルと、今大会の総走行距離トップ2(準決勝終了時点)を誇る両者が中盤でぶつかり合う。

 ここまでマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を最多3度獲得しているモドリッチに比べると、カンテは地味に映るが、全6試合にフル出場。ディディエ・デシャン監督が「チームに不可欠な存在」と称賛するように、フランスになくてはならない選手となっている。特に貢献度が高いのは守備面だ。データ会社『Opta』によると、準決勝終了時点でのタックル数とインターセプト数の合計数は「33」。これを上回るのは、合計数が「34」を記録したロシア代表MFロマン・ゾブニンの1人だけだという。カンテが汚れ役に徹することで、MFポール・ポグバらが攻撃に比重をおけるというメリットもある。

 モドリッチは、出場時間(604分)、パス数(443)、決定機創出数(14)が、いずれもチーム1位。さらにゴール数(2)もチームトップタイと、貢献度の高さは数字にもよく表れている。文字通り、クロアチアの中心であり、フランスにとっては彼を止めることが勝利への近道となる。もちろん、その適任者はカンテ以外には存在せず、背番号13の働きが勝負の行方を左右すると同メディアは指摘している。

2 キリアン・ムバッペ vs イヴァン・ストリニッチヨシプ・ピヴァリッチ

[写真]=Getty Images

 今大会、フランスの10番をつけるFWキリアン・ムバッペをどう止めるのか。それは、対戦するどのチームにとっても悩ましい問題となっている。準決勝のベルギー戦でも、19歳のアタッカーは開始十数秒で自慢のスピードを披露。相手DFヤン・ヴェルトンゲンを置き去りにすると、試合終了まで脅威を与え続けた。

『Opta』によると、準決勝が終わった段階で、もっとも多くのドリブルを試みた選手がムバッペだという。6試合で計46回は、ベルギー代表FWエデン・アザールの42回を上回る最多数。さらに、ここまで3ゴールはFWアントワーヌ・グリーズマンと並ぶチームトップになる。単に足が速いだけでなく、迷わず仕掛け、さらにゴールまで奪う。まさにモンスター級の働きを見せている。

 快足FWへの対応策が注目されるクロアチアだが、肝心の左サイドに問題を抱えている。準決勝のイングランド戦で左サイドバックとして先発したDFイヴァン・ストリニッチが、負傷交代を余儀なくされた。また同選手の前方でプレーしていたイバン・ペリシッチも、試合後に太ももを痛めたとの報道がある。ズラトコ・ダリッチ監督は「決勝では全員が問題なくプレーできる」とコメントしたが、コンディション面に不安が残る。

 決勝トーナメント以降は3試合連続で、DFヨシプ・ピヴァリッチがストリニッチに代わって途中出場。「ストリニッチ → ピヴァリッチ」の起用法は、決勝でも採用される可能性が高い。いずれにせよ、一瞬でもスキを見せれば、高い代償を支払うことになるだろう。なお『スカイスポーツ』は、「左サイドMFと挟み撃ちにしても、ムバッペを抑えるのは十分ではないかもしれない」と記事をつづっている。

3 ラファエル・ヴァラン vs マリオ・マンジュキッチ

[写真]=Getty Images

 クロアチアでは、1トップを務めるFWマリオ・マンジュキッチも、ここまで素晴らしい働きを見せている。奪ったゴールは2つだけだが、デンマークとの決勝トーナメント1回戦では同点弾、イングランドとの準決勝では逆転弾をマーク。チームのファイナル進出に大きく貢献している。

 そんなマンジュキッチと対峙するのが、フランスのDFリーダーであるラファエル・ヴァランだ。前者はユヴェントスの選手として、後者はレアル・マドリードの選手として、ここ1年間で3度も対戦。2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、そして2017-18シーズンのCL準決勝ともに、結果を手にしたのはレアル・マドリードだったが、マンジュキッチも3試合で3ゴールを挙げる活躍を見せている。

 W杯決勝という大舞台で再び実現した因縁対決において、『スカイスポーツ』が注目ポイントに挙げたのは“空中戦”だ。『Opta』によると、準決勝終了時点でのマンジュキッチの空中戦勝利数は23回。これはDFデヤン・ロヴレンの32回に次ぐチーム2位で、FW登録選手としても、ロシア代表FWアルテム・ジュバ(41回)、イングランド代表FWハリー・ケイン(29回)に次いで今大会3番目に多い。ただしヴァランも、フランスで最多となる24回の空中戦勝利数を記録。準決勝のベルギー戦でも、長身FWロメル・ルカクを完封してみせた。

 “エアバトル”を制するのは、クロアチアの背番号17か、それともフランスの背番号4か。今大会はセットプレーからの得点も多く、空中戦の攻防からも目が離せない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る