2018.07.11

「フランス代表として勝つくらいなら…」敗れたベルギーFWアザールが失望

エデン・アザール
ベルギー代表は惜しくも準決勝敗退となった [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ベルギー代表FWエデン・アザールが2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝で対戦したフランス代表についてコメントした。スペイン紙『アス』など複数メディアが10日付で報じている。

 ベルギー代表は、W杯準決勝でフランス代表と対戦。51分にDFサミュエル・ウムティティにコーナーキックから得点を決められると、守備的な戦術に切り替えたフランスのネットを揺らすことができず、0-1で敗れた。

 キャプテンを務めたE・アザールは、試合後のインタビューに応じ、フランス代表との一戦を次のように振り返っている。

「失望している。僕たちはより多くのものを勝ち取るのに値したと思う。フランスは後半ずっと守備的にプレーしていた。そしてそれが彼らにアドバンテージをもたらしたね。でも僕はあんなフランス代表の一員として勝つくらいならばベルギー代表の一員として負けた方がいい」

「僕たちのW杯については誇りに思っている。僕たちベルギーはベストを尽くした。ブラジル戦ですべてを出し尽くしたし、成し遂げたことに満足しなければならない」

 ベルギーは14日に行われる3位決定戦でクロアチア対イングランドの敗者と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る