2018.06.25

決勝トーナメント1回戦の組み合わせ予想は? データアナリストが発表

対戦予想
ブラジルvsドイツの好カードも。日本はイングランドとの対戦予想となった [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアは、24日にグループステージ(GS)第2戦の全日程を終了。全64試合のうち32試合を消化し、大会は折り返し地点を迎えた。25日からは、GS最終戦が順次行われる。

 第2戦を終えたところで、日本代表を含む各国の決勝トーナメント進出の可能性について詳細が報じられるなか、気になるのがGSを突破した場合の次の対戦相手だろう。

 サッカーのデータアナリストとして知られる『ベン・メーヒュー』は、試合の重要性や予測、実際の結果などをもとに算出される「World Football Elo Ratings」を使って、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ予想を実施。第2戦終了後に10万回のシミュレーションを行い、その結果を自身のツイッターで公表している。

 FIFAランキングは過去4年間の結果をポイント化して、1カ月に1度発表されるのに対し、「World Football Elo Ratings」は1試合ごとにポイントの再計算が行われている。そのため、「Elo Ratings」は“今の強さ”を反映する数値として、FIFAランキング以上の信頼性があるとされている。

 さて、気になる結果は以下のとおり。それぞれ、該当順位を達成する確率(=括弧内の数字)が最も高い国が列挙されている。

決勝トーナメント1回戦の組み合わせ予想

■グループA 1位vsグループB 2位
ウルグアイ(52.4パーセント) vs ポルトガル(44.3パーセント)

■グループC 1位vsグループD 2位
フランス(74.9パーセント)vsナイジェリアorアルゼンチン(ともに45.8パーセント)

■グループE 1位vsグループF 2位
ブラジル(64.9パーセント)vsドイツ(62.7パーセント)

■グループG 1位vsグループH 2位
イングランド(63.9パーセント)vs日本(49.0パーセント)

■グループB 1位vsグループA 2位
スペイン(58.2パーセント)vsロシア(52.4パーセント)

■グループD 1位vsグループC 2位
クロアチア(99.8パーセント)vsデンマーク(61.9パーセント)

■グループF 1位vsグループE 2位
メキシコ(70.1パーセント)vsスイス(66.0パーセント)

■グループH 1位vsグループG 2位
セネガル(36.9パーセント)vsベルギー(63.9パーセント)

 これによると、日本代表はグループHを2位で通過。決勝トーナメント1回戦では、グループGを1位で突破するイングランド代表と対戦する可能性が高いという。その他、ブラジル代表とドイツ代表の優勝候補同士の戦いが同ラウンドで実現すると予想されている。

 もちろん、今回の予想はあくまで“予想”に過ぎない。波乱続きの今大会だけに、さらなるサプライズが起こったとしても不思議ではないだろう。予想を楽しみつつも、それを裏切る好ゲーム、そして日本代表のさらなる躍進を期待したいところだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る