2018.06.25

川島永嗣は前半の失点を反省「完全に自分のミス」

川島永嗣は前半の失点シーンを反省した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は24日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループステージ第2戦でセネガル代表と対戦した。試合は前後半で1失点を喫するも、乾貴士と本田圭佑のゴールで同点に追いついた。

 1失点目を振り返り、川島永嗣は「完全に自分のミスです。目の前が気になりすぎてしまった」と語った。前半、川島はシュートをパンチングすると、ゴール前に詰めていたサディオ・マネに当たり、ボールはゴールへと吸い込まれてしまった。

 それでも、2度のビハインドから勝ち点1を勝ち取ったチームについて、「コロンビア戦もそうですけど、チームが一丸となった結果だと思います。厳しい状況の中でもこういう結果につながったので、チームメイトに感謝します」と語った。

 最後に「コロンビア戦に続いて、ゲームの内容でも自信を得られたと思います。次はまた結果が大事なので、次に向けて切り替えたいと思います」と、28日のポーランド戦へ意気込みを述べた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る