2018.06.24

元英代表ランパード、ロフタス・チークを称賛「試合を支配できる」

ロフタス・チーク
チュニジア代表戦中にサウスゲート監督(右)と話すロフタス・チーク(左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表MFフランク・ランパード氏は、2018 FIFA ワールドカップ ロシアで国際大会デビューを果たした同じくイングランド代表MFルーベン・ロフタス・チークにエールを送っている。23日にイギリスメディア『BBC』が報じた。

 ランパード氏はロフタス・チークがチェルシーの下部組織に所属していた頃からの関係で、同選手の能力を高く評価している。ロフタス・チークはグループステージ第1戦のチュニジア代表戦に途中出場し、複数メディアにより次なるパナマ代表戦は先発出場を果たすと予想されている。

 同氏はロフタス・チークについて次のようなコメントを残している。

「僕はルーベンをチェルシーの下部組織時代から知っているよ。彼のサッカーへのメンタリティーや取り組みはトップクラスだ。良い姿勢でこのスポーツに望んでいるし、彼が代表に選出されて本当に嬉しかったよ」

「ルーベンは技術的に試合を支配する能力を持つ選手だ。彼はまだ若いのに冷静で状況判断に優れている。国際舞台でも自信を持ってプレーしてもらいたい。パナマ戦に期待しているよ」

 イングランド代表はグループステージ第2戦でパナマ代表と24日に対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る