2018.06.23

日本対セネガルの審判団が決定…スペイン対ポルトガルを裁いたロッキ主審に

ジャンルカ・ロッキ主審
日本対セネガルで笛を吹くロッキ主審 [写真]=FIFA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 24日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループH、日本代表対セネガル代表の一戦で、試合を裁く審判団が決定した。国際サッカー連盟(FIFA)が発表している。

 同試合で笛を吹くのはイタリア人の審判団とカタール人の審判団に決定した。主審にイタリア人のジャンルカ・ロッキ氏、副審に同じくイタリア人のエレニート・ディ・リベラトーレ氏とマウロ・トノリーニ氏、第4審判にカタール人のアブドゥルラフマン・アル・ジャシーム氏、控え副審に同じくカタール人のタレヴ・アル・マーリ氏が任命されている。

 ロッキ主審、ディ・リベラトーレ副審、トノリーニ副審のイタリア人審判団は、15日に行われたグループBのポルトガル代表対スペイン代表戦で、今大会は既に笛を吹いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る