2018.06.22

アルゼンチンを「完全制圧」…クロアチアのMFコンビをスペイン紙が称賛

ラキティッチ、モドリッチ
アルゼンチン戦で1得点ずつを挙げたラキティッチ(左)とモドリッチ(右) [写真]=Getty Images

 熱戦が繰り広げられている2018 FIFAワールドカップ ロシア、21日に行われたグループCの好カードでは、クロアチア代表が3-0でアルゼンチン代表に快勝した。この結果、2連勝を飾ったクロアチアは決勝トーナメント進出を決めた一方、1分け1敗となったアルゼンチンはグループステージ敗退の危機に陥った。

 ナイジェリア代表を2-0で破ったグループステージ初戦に続き、完封勝利を収めたクロアチア。安定感抜群のチームをけん引しているのは、レアル・マドリードのMFルカ・モドリッチとバルセロナのMFイヴァン・ラキティッチが構成する中盤のコンビだろう。

 チーム2点目となる鮮やかなミドルシュートを決め、2試合連続で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれたモドリッチは、試合後のインタビューでチームのパフォーマンスに満足感を示した。

「僕たちは勝てると信じていた。それをピッチの上で証明することができた。キックオフから思い描いていたようなプレーができた。アルゼンチンを倒すためには完璧な試合をする必要があるけど、特に後半はほぼ完璧だった。彼らを圧倒することができ、理想的な試合だったと言ってもいいだろうね」

 モドリッチはまた、アルゼンチン代表の大黒柱であるFWリオネル・メッシ(バルセロナ)との“10番対決”に勝利したとの声があがっていることについては、あくまでもチームとして機能した結果であるとの謙虚な姿勢を示している。

「メッシは並外れた選手だ。しかし、たった1人では全てを行うことはできない。フットボールでは、いかに偉大な選手でも周囲のサポートが必要なんだ。今日は僕たちのプレーがそれを阻止した。彼にパスが渡らないように、しっかりとスペースを消すことができた。それが試合序盤において非常に大きな意味を持った。自分たちのリズムでボールを回せたことで、優位に試合を進められたからね」

 一方、レアル・マドリード寄りで知られるスペイン紙『マルカ』が、意外にもモドリッチを上回る評価を与えたのがラキティッチだ。攻守両面で隙のないプレーを見せ、チーム3点目となる駄目押しゴールを決めたラキティッチは、同紙の試合採点において両チームで唯一となる「3」を獲得している。

 試合後にツイッターを更新したラキティッチは、クロアチア語で「もっと行くぞ!」と気合いを入れ、英語とスペイン語では「素晴らしい試合! このチームを誇りに思う!」と喜びを表した。

 バルセロナ寄りで知られるスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』からも、「ラキティッチとモドリッチがアルゼンチンを完全制圧」と称賛された。宿命のライバルであるバルセロナとレアル・マドリードの中盤の要が、阿吽の呼吸で絶妙なバランスを取るクロアチア。優勝候補の一角に仲間入りしたと言っても過言ではなさそうだ。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る