2018.06.19

日本代表の初戦の相手、コロンビア代表について知っておきたい10のこと

コロンビア代表
19日に日本代表と対戦するコロンビア代表 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの大会6日目となる19日、いよいよ日本代表が初戦を迎える。相手はコロンビア代表。奇しくも4年前の最終戦で戦った相手とのリターンマッチとなる。

 孫子の有名な言葉に、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」というのがある。敵の情報と味方の情報を前もってしっかり把握しておけば、戦っても危ういことにはならないという意味だ。日本代表の情報はすでに様々なニュースで報じられているため、ここではコロンビア代表について知っておきたい10のトリビアを紹介しよう。

1.W杯の初戦は負け越し
コロンビア代表は2大会連続6度目のW杯出場となる。過去5大会の初戦の成績は、2勝3敗と負け越し。ただアジア勢相手には、W杯で全勝。1990年イタリア大会のUAE戦(2-0)と前回大会の日本戦(4-1)で、2戦2勝している。なお日本代表とは、過去3戦して2勝1分けと無敗を誇る。

2.南米勢はアジア勢に無敗
W杯の舞台で南米勢はアジア勢に一度も負けたことがない。過去17戦して、南米勢の14勝3分けと圧倒的な成績を誇る。日本代表はW杯過去5大会で南米勢相手に4戦して、1分け3敗。2得点9失点と内容でも完敗を喫している。ドローを勝ち取った唯一のゲームは、2010年南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦。パラグアイ相手に延長戦まで戦ってスコアレスドローに終わった。しかし、PK戦で3-5と敗れ、ベスト16敗退を余儀なくされている。(※PK戦は、公式記録では引き分け扱いになる)

3.W杯でスコアレスドローなし
コロンビア代表はW杯で過去18戦して、7勝2分け9敗という成績を残しているが、スコアレスドローに終わったことは一度もない。引き分けに終わった2試合は、1962年チリ大会のソビエト連邦(現ロシア)戦で4-4、1990年イタリア大会の西ドイツ戦で1-1だった。今回の試合も勝敗はともかく、ゴールが生まれる試合になること必至だ。

4.前回大会経験者は10名
日本代表は、登録メンバー23名のうち11名が2大会連続でW杯メンバー入りを果たした。「選手の入れ替えが少ない」という声も聞かれるが、コロンビア代表も10名が前回大会の経験者になる。平均年齢を比較すると、日本代表が28.3歳であるのに対して、コロンビア代表は27.9歳。それほど大差はない。

5.指揮官はW杯でわずか1敗
コロンビア代表を率いるのは、アルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督。同監督は2006年ドイツ大会で母国代表を、前回ブラジル大会ではコロンビアを率いてW杯出場を果たした。いずれの大会でもチームをベスト8に導いている。W杯では過去10戦して、わずか1敗(7勝2分け。PK負けは引き分けとカウント)。唯一の敗戦となったのは、前回大会の準々決勝。開催国ブラジル相手に1-2の敗戦を喫した。

6.センターバックはとにかく“でかい”
コロンビア代表で最も身長が高いのは、センターバックのジェリー・ミナ。FIFAが公開しているデータによれば、194センチもある。また相棒候補の2人、クリスティアン・サパタダビンソン・サンチェスも187センチと高身長を誇る。日本代表で最も身長が高い選手はDF吉田麻也の189センチと彼らに見劣りしないが、相手守備陣の中央はとにかく“でかい”選手が揃っている。

7.チーム最年少が守備リーダー
チーム最年少は、12日に22歳の誕生日を迎えたばかりのD・サンチェス。メキシコ代表を率いる同胞のフアン・カルロス・オソリオ監督に見出され、17歳でプロデビュー。20歳でオランダのアヤックスに引き抜かれると、昨夏にイングランドのトッテナムへステップアップを果たした。プレミアリーグ初挑戦ながら、今シーズンのリーグ戦31試合に出場した俊英は、代表でも守備リーダーを任される。日本戦が“W杯デビューゲーム”となるが、国際経験は豊富だ。

8.現守護神がGKの歴代最多出場記録を保持
ゴールマウスを守るのは、アーセナルに所属するダビド・オスピナ。2007年に代表デビューを飾り、前回W杯から正GKを務めている。代表通算86試合出場は、コロンビアのGKで歴代トップだ。なお、妹のダニエラも元コロンビア代表のバレーボール選手だった。そして、同僚のハメス・ロドリゲスは彼女の“元夫”という間柄でもある。

9.最も高い年棒を受け取るのは?
所属クラブで最も多くの給与を受け取っているのは、主将を務めるFWラダメル・ファルカオ。コロンビアの歴代最多得点記録を保持する同選手は、フランスのモナコで年棒11億5000万円を受け取っている。『レキップ』紙によると、ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェス(*ケガで今大会は欠場)よりも高い給与だという。一方、バイエルンに所属するJ・ロドリゲスは約8億5000万円の年棒を受け取っているとされる。

10.SNSフォロワー数が最も多いのは?
SNSで最も多くのフォロワーを集めるのは、10番を背負うJ・ロドリゲス。Facebook、Twitter、Instagramの合計フォロワー数は8600万を超えており、ロシアW杯の全登録選手の中では、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(約3億2000万)、ブラジル代表FWネイマール(約2億)、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(約1億8000万)に次いで4番目に多い。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る