2018.06.19

日本戦に挑むコロンビア代表…監督「前回のW杯は忘れた方がいい」

ペケルマン
コロンビアを率いるペケルマン監督 [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアに参加しているコロンビア代表のホセ・ペケルマン監督とGKダビド・オスピナが、19日に控える日本代表との試合について語った。

 日本の印象を聞かれた監督は、「私たちと同じでタフなチーム」だと語り、初戦で勝ち点3を取るために油断はないと明かした。

「前回のW杯のことは忘れた方がいい。経験を積んだ選手がたくさんいて、新しい監督は色々なシステムを試している。素晴らしい選手が厳しいリーグで戦って、代表チームに新しいエネルギーを注ぎ込んだね」

 前回大会ではブラジル代表に敗れ、ベスト8で大会を終えた。今大会ではこれまで以上の結果を目指して戦っていると語る。

「私たちの目標は次のステージに上がることだ。初戦だからナーバスになるかもしれない。不安を払拭した時、本当の強いチームとしてプレーできるはずだ」

 またオスピナは、ファンからの期待は大きく、プレッシャーがかかることを認めながらも、「明日の試合が楽しみ」だと口にした。

「ピッチ上でのプレーに専念したい。国民のみんながロシアまで来てくれることは本当に素晴らしいし、彼らは僕たちをサポートしてくれる。ブラジル大会での経験を生かしたいね」

「対戦する上で一番大事なのは、チーム全体を見ることだ。誰か1人に注意を払うよりもね。もちろん私たちが勝つためにも、チームとして一つにまとまらなければいけない。日本をリスペクトしているけれど、頑張って勝ちたいんだ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る