2018.06.18

ドイツ、まさかの初戦黒星…”非常事態モード”でメディア対応も中止に

ドイツ代表
W杯初戦でメキシコに敗れたドイツ代表 [写真]=picture alliance via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ初戦でメキシコ代表に敗れたドイツ代表。前回王者がまさかの黒星スタートとなったが、チームは危機感に包まれているようだ。ドイツ紙『ヴェルト』が試合後の動きを報じている。

 メキシコ代表に完璧に手の内を読まれ、鮮やかなカウンターを何度も浴びたセンターバックのマッツ・フンメルス(バイエルン)はチームの現状に怒りを感じているようだ。メキシコ戦の敗戦で目を覚ますようでは遅すぎるとみており、「(テストマッチの)サウジアラビア戦の失点で、すでに目を覚まさなければならなかったんだ。なぜ今日も同じようなプレーをしているのか分からない」と苦言を呈した。

 攻守のバランスの悪さについても「前線に7、8人も選手がいれば、攻撃力は守備の安定感より勝るだろう。チーム内では『カウンターに対する守備の準備ができていない』と言い続けているが、あまり効果はないようだ。ジェローム(ボアテング)と自分の2人だけが残っている場面が多く、同情の余地なくカウンターで崩されてしまった」と言及。それでも、「(次の試合からは)今日よりも良いプレーができると思う」と前向きに話した。

 また、右サイドバックのジョシュア・キミッヒ(バイエルン)も、メキシコ戦では戦い方に難しさを感じていたようだ。「ビルドアップの時に高いポジションを取っているのに、簡単にボールを失ってしまって、守備のポジションに戻るのが難しかった」と試合を振り返った。「僕らはいくつかのことを変えなければならないし、W杯のタイトルについて話すこともやめるべきだ。これから全試合を勝たなければならない。僕らに残された全試合が決勝戦だ」と背水の陣で次のスウェーデン戦に望むことを誓った。

 試合後、ドイツ代表は翌日の練習が非公開とすることを現地時間の深夜に急きょ発表。月曜日(18日)に予定されていた記者会見も中止となり、一気に緊張が高まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る