2018.06.13

2026年のW杯は史上初3カ国共催に! FIFA総会で決定…48チーム参加へ

2026年のW杯開催地が決定した [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は13日、2026年に行われる予定のFIFAワールドカップについて、同日の総会にて開催地などの概要を決定したと発表した。

 2026年のW杯開催地は、13日にモスクワで行われたFIFAの総会にて、各加盟協会・連盟の投票によって決定。アメリカとカナダ、メキシコの3カ国が共同開催することとなった。3カ国共催は史上初。立候補していたモロッコの初開催は実現しなかった。

 W杯の共催は2002年大会に日本と韓国が行ったが、3カ国共催は大会史上初。アメリカは過去に1回(1994年)、メキシコは2回(1970年と1986年)の開催実績を持ち、カナダは初めてのW杯開催となる(2015年に女子W杯は開催)。

 なおFIFAは先月9日、バーレーンで行われた総会にて、2026年大会における各大陸別の出場増加案を承認。現行の32チームから、出場枠が48チームへ拡張されることとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る