2018.06.11

「自国のファンからブーイングされたら…」ドイツ代表MFがショック語る

ギュンドアン
ドイツのファンからブーイングを浴びたギュンドアン [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、自身に向けられたブーイングについて言及した。スペイン紙『アス』が10日付で伝えている。

 ドイツ代表は8日、国際親善試合でサウジアラビア代表と対戦した。この試合でギュンドアンは後半途中からピッチに立ったが、ボールに触れるたびにスタジアムから大ブーイングを浴びている。

 引き金となっているのは、ギュンドアンがMFメスト・エジルとともにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領を表敬訪問したことだ。エルドアン大統領を巡っては、独裁的な政治姿勢に対し、国際的に非難の声が上がっている。その同大統領を訪問し、さらに「我が大統領」と言及したことで、ギュンドアンに対するブーイングが発せられた。

 ブーイングについて、ギュンドアンは「人格に対する攻撃もあったし、僕の心に触れるものだった」と心境を語った。また、一連の行動については「決して政治的なスタンスを示すものではなかったんだ」と弁明している。

 そして、自国のファンからブーイングを受けたことについて、ショックを受けている様子を見せた。

「相手のファンによるブーイングはよくあることだ。でも、自分たちのファンからブーイングをされたら、やり過ごすのは難しい」

「僕はいつも批判に対してオープンだよ。みんなそれぞれの意見を持っているし、それが僕たちに言論の自由がある理由だからね。僕は(表現の自由に)賛成だし、だからドイツで生まれ育ったことを光栄に感じている。でも僕は侮辱されたくない。僕にとって、話すことは重要だ。普通な状態を取り戻したい。僕は隠れたくない」

 ヨアヒム・レーヴ監督もファンに苦言を呈すなど、2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕前にして、ドイツ代表は思わぬ形で問題を抱えることとなってしまった。同代表はグループステージで17日にメキシコ代表と、23日にスウェーデン代表と、27日に韓国代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る