2018.06.01

ペルー代表FWゲレーロ、W杯出場が可能に…薬物違反への処分凍結が決定

ゲレーロ
逆転でW杯出場が可能となったペルー代表FWゲレーロ [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドーピング違反で14カ月間の出場停止処分を受けていたペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(フラメンゴ)だが、一転して2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場できる見通しとなった。『ESPN』などの複数メディアが一斉に報じている。

 報道によると、ゲレーロからの訴えを受けていたスイス連邦最高裁判所はこの度、同選手に科された処分の凍結を決定。「ゲレーロはW杯に出場できる」とした。

 ペルー代表の主将でありエースのゲレーロは、昨年10月に行なわれた南米予選・アルゼンチン代表戦後のドーピング検査でコカインが検出された。12月8日に1年間の出場停止処分が下されたものの、同月22日に処分は6カ月間に軽減。しかしその後、スイスにあるスポーツ仲裁裁判所が処分を14カ月間に引き伸ばす決定を下し、同選手のロシアW杯出場は困難となっていた。

 大黒柱のW杯出場が可能となったことは、ペルー代表にとって大きな追い風となりそうだ。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る