2018.05.23

スペイン代表、ロペテギ監督と契約延長…就任してから未だ無敗

フレン・ロペテギ監督
スペイン代表のフレン・ロペテギ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペインサッカー連盟(RFEF)は22日、スペイン代表のフレン・ロペテギ監督との契約を2020年まで延長したことを発表した。

 ロペテギ監督は欧州選手権(EURO)2016終了後の2016年7月にスペイン代表監督に就任。契約は、今夏開催されるロシア・ワールドカップ本大会までとなっていたが、2020年の欧州選手権まで指揮を執り続けることになった。

 ロペテギ監督は今回の契約延長に際し、次のようにコメントを残している。

「連盟と会長が、私とコーチ陣を信頼してくれたことに感謝したい。喜んで受け入れ、期待に応えられるように懸命に働きたいよ。いままでやってきたことにも満足しているし、これからのワールドカップにも興奮している。しっかり集中したいね」

 ロペテギ監督率いるスペイン代表は2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会欧州予選を9勝1分け無敗で突破。親善試合も含め、就任してから2年間で戦った18試合で無敗を継続しており、13勝5分けを記録している。

 スペイン代表はW杯グループステージでは、6月15日にポルトガル代表と、20日にイラン代表と、25日にモロッコと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る