2018.05.21

仏1部で11得点の韓国代表MFに悲劇、W杯欠場へ…最終節でアキレス腱断裂か

クォン・チャンフン
19日のアンジェ戦で負傷したクォン・チャンフン(中央) [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーグ・アン(フランス1部)のディジョンは20日、韓国代表MFクォン・チャンフンがアキレス腱に深刻なケガを負ったと発表した。

 クォン・チャンフンは19日に行われたリーグ・アン最終節のアンジェ戦で負傷。76分に途中交代を強いられた。ディジョンは負傷状況の詳細こそ明かしていないものの、同選手がアキレス腱に「深刻な負傷」をしたことを発表。「検査結果を待つ必要がある」としつつも、「ワールドカップを欠場することになる」と伝えた。大手メディア『ESPN』はアキレス腱断裂の可能性が高いと報じている。

 クォン・チャンフンは1994年生まれの23歳。昨年1月に水原三星からディジョンへ完全移籍で加入した。今シーズンはリーグ・アンで全38試合中33試合に出場し、11得点を記録。主力選手として活躍を続け、2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けた韓国代表メンバー28名にも名を連ねていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る