2018.04.16

20年ぶりの栄冠か? 初代王者のプライドか? ポグバ&スアレスがロシアW杯で躍動する

サッカー総合情報サイト

 6月、2018 FIFAワールドカップ ロシアがいよいよ開幕する。各大陸予選を勝ち抜いた強豪国だけの真剣勝負に、全世界のサッカーファンたちが熱狂する。4年に1度開催される最大の祭典を前に注目すべき2人のプレーヤーがいる。母国の期待、勝利への執念、仲間への信頼……、様々な思いを胸に両者は“世界一”への戦いに挑む。そして、その戦いにはプレーの質を高めるスパイクの存在も忘れてはならない。

世界最高の万能型MFがPREDATORと目指すは20年ぶりの栄冠

 20年ぶりのワールドカップ優勝はこの男の手にかかっている。優勝候補の呼び声高いトリコロールにおいて、中盤を支配するポール・ポグバ。

 小刻みなステップと繊細なボールタッチ、190cmを超える長身と長い手足を生かしたダイナミックなドリブル、身体能力を活かしたキープから味方へのポストプレイ。ミッドフィールダーに必要な全てを兼ね備えたオールラウンダーと言えるだろう。時に豪快に、時には繊細に――、“柔”と“剛”を一手にこなす。

 ロシアのピッチでポグバはアディダスの「PREDATOR(プレデター)を装備する。ボールコントロールに特化したPREDATORは、ドリブル、パス、シュート、ポグバが求める全てのクオリティーを飛躍的に高めてくれる。

 世界トップレベルの仲間たちと、そして、持ち味を最大限引き出すスパイクとともに世界一を目指す。

瞬時のボールコントロールでピッチを支配するプレーヤーに…「PREDATOR」

PREDATOR 18.2-JAPAN HG(プレデター 18.2-ジャパン HG)
\16,200(税込)
サイズ/24.5~28.0cm
商品番号/CQ1952
ユニティインク F16/エアログリーン S18/ハイレゾ
●コントロールスキンアッパー 
●シームレスソックス
●トータルコントロールスタッド
主な着用選手…ポール・ポグバ、メスト・エジル、宇佐美貴史、清武弘嗣、内田篤人

「コントロールスキン」…初代プレデターのフィン構造を軽量性を損なわずに搭載。ストラクチャードメッシュアッパーベースに立体加工が施されたコントロールスキンが場面に応じたボールコントロール精度に貢献。

「シームレスニットソックス」…シューズと足の一体感をアップさせるため、伸縮性と圧着性が進化した素材と構造で足首をホールド。履き心地が安定し、ボールコントロールを向上させる。

「トータルコントロールスタッド」…14本のメインスタッドと29本のサブスタッドから成る合計43本の丸型スタッド。ボール接地面積・グラウンド接地面積を劇的に向上させ、ボールとグラウンドへの吸い付きやすさにより、優れたボールコントロール精度と360°あらゆる方向への安定した動きに貢献。

『PREDATOR』の詳細はこちら!

Xが与える圧倒的なスピードを武器にゴール量産へ

 獰猛なストライカーがワールドカップに戻ってくる。過去2大会、ルイス・スアレスが与えた強烈なインパクトは記憶に新しい。“世界”という大舞台で、しかもトップレベルのディフェンダーを相手に、結果を残してきた。

 万能型FWのスアレスは、ボールコントロールやシュート力もさることながら、味方を活かすアシスト力にも長けている。しかし、最大の武器は爆発的な“スピード”だ。ディフェンスライン上で駆け引きを続け、チャンスと見るや快足を飛ばしあっという間にDFの背後を陥れてしまう。

 スアレスのスピードを最大限に引き出すスパイクがアディダスの「X(エックス)」だ。抜群のホールド感、ピッチをしっかりとグリップするソール、スピードアップに必要な全てがこの一足に搭載されている。

 スアレスがXを装備したとき、どれだけ強固な守備組織もズタボロに切り裂くことだろう。ワールドカップ初代王者のプライドを胸に、母国を栄冠へと導く。

異次元のスピードで縦に斬りこむプレーヤーに…「X」

X 17.2-JAPNA HG(エックス 17.2-ジャパン HG)
\14,040(税込)
サイズ/24.5~28.0cm
商品番号/CQ1991
エアログリーン S18/ユニティインク F16/ハイレゾ
●テックフィットアッパー
●ボールグリップ性を高めるNSG加工
主な着用選手…ルイス・スアレス、ガレス・ベイル、香川真司、酒井高徳

「テックフィットアッパー」…足全体をピタっと隙間なく包み込む装着感・圧着感をもたらす。足全体のホールド性や優れた足ブレ緩和性を発揮し、爆発的スピードプレーを支える。

「テックフィットソックス」…アッパーから履き口まで一体型の構造が足首周りのホールド性を強化。爆発的なスピードプレーにおいても、優れた安定感を発揮する。

「スプリントフレームソール」…丸型ベースに鋭いエッジを効かせた新スタッド構造が、前後左右360°方向への動きやすさと爆発的スピードに貢献。

『X』の詳細はこちら!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る