2018.01.23

W杯でも導入濃厚のVAR、収集されたデータ発表…これまで804試合で採用

VAR
W杯でもVARの導入が濃厚となっている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際サッカー評議会(IFAB)が、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって収集したデータを発表した。22日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今夏に行われるロシア・ワールドカップでは、大会史上初の導入が濃厚となっているVAR。今シーズンは、イングランド、ドイツ、イタリアなどでも導入されている。これらの情報を元に収集されたデータが明らかになった。

 VARは、2016年3月から実験的に使用されており、これまで804試合で採用。そして、正しい判定を下したのは98.9パーセントと高い精度を誇っている。

 また報告書によると、1試合平均5回ほどチェックが必要な場面がある。しかし、VARが使用されていない試合は68.8パーセントもあることが明らかになった。

 VARは審判員によって使用され、使用されるケースはゴールシーン、退場やPKの場面および、警告を受けた選手が間違っている場面などに限られる。判断を下した審判員本人、もしくは補佐の審判員によって使用され、審判員たちは分析した映像を元にジャッジを下すことになる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る