2017.12.12

長期離脱中のノイアー、復帰について「W杯でプレーすることは間違いない」

マヌエル・ノイアー
ドイツ代表の守護神であり主将のマヌエル・ノイアー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、来年の2018 FIFA ワールドカップ・ロシアでのプレーを確信しているものの、クラブの復帰については言葉を濁した。英メディア『ESPN』が11日報じている。

 現在31歳のノイアーは、今年9月に足を骨折。今年中の復帰は絶望的となっている。ノイアーは負傷から復帰まで少なくとも6ヶ月かかることを明らかにしつつドイツ紙『ビルト』に次のように語った。

「他のゴールキーパーはとてもうまくやっているね。しかし僕はW杯のゴールに完全な状態で戻るよ。僕の考えでは、W杯以上の場所はないからね」

 また、一方でノイアーはクラブでの復帰時期については明確に言及しなかった。

「いつ復帰するかは言いにくい。とにかく最初は100パーセントの体力をつけなければならないね。まだぼくは松葉杖にかかっている。新年までに2人の友人(松葉杖)を捨てて、復活を図りたいと思っているけど、いつ復帰するのか正確に予測することは難しい。僕は自分の時間をとっており、リスクはとらない。100パーセントで復帰する必要がある」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る