2017.10.29

イングランドがU17W杯初制覇!…スペインに逆転勝利で欧州選手権のリベンジ達成

イングランドU-17W杯を制した [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-17ワールドカップインド2017の決勝が28日に行われ、U-17イングランド代表とU-17スペイン代表が対戦した。

 ラウンド16で日本をPK戦の末に破ったイングランドは、アメリカ、ブラジルを倒して決勝に初進出。スペインはフランス、イラン、マリを破って4度目の決勝に駒を進めた。今年5月に行われたU-17欧州選手権の決勝カードの再現となった。

 ともに初優勝がかかった一戦は開始10分、クロスのこぼれ球をFWセルヒオ・ゴメスが押し込んで、スペインが先制。さらにS・ゴメスは31分、右サイドからの折り返しを受け、左足シュートをゴール右隅に突き刺して追加点を挙げた。

 イングランドは2点差をつけられたものの、44分にFWリアン・ブリュースターが右サイドからのクロスをヘディングで叩き込み、前半の内に1点を返す。すると、前半から一転し、後半にはイングランドがゴールラッシュを見せる。

 58分、エリア内右に抜け出したDFスティーブン・セッセントンからの折り返しを、ゴール前に飛び込んだMFモーガン・ギブス・ホワイトが右足で合わせて同点。69分には、エリア内左に進入したMFカラム・ハドソン・オードイのグランダークロスを、ファーに走り込んだMFフィル・フォーデンが右足で決めて逆転に成功した。

 それでも止まらないイングランドは84分、DFマーク・グエーイがゴール前でこぼれ球を押し込んで追加点。88分にはエリア内右に抜け出したフォーデンが冷静に右足シュートを沈め、リードを3点に広げて勝負を決めた。

 試合はこのまま終了し、イングランドが5-2の逆転勝利で大会初優勝を果たした。なお、大会得点王は7試合出場8ゴールのブリュースター、最優秀選手は7試合出場3ゴール1アシストのフォーデンが受賞。最優秀GKはブラジルのガブリエル・ブラザオが選ばれた。

 イングランドは今年、育成年代が躍動している。5月に行われたU-17欧州選手権では、スペインにPK戦の末に敗れて準優勝に終わったが、今回の世界大会でリベンジを達成。6月にはFIFA U-20ワールドカップ韓国2017で初優勝し、同時期に行われたトゥーロン国際大会も18歳以下中心で臨み、連覇を飾った。U-21欧州選手権では準決勝でドイツにPK戦で敗れてベスト4に終わったが、7月にはU-19欧州選手権でポルトガルを破り、初優勝。アンダー世代が各大会で躍動しており、イングランドに“黄金世代”が迫っているのかもしれない。

【スコア】
イングランド 5-2 スペイン

【得点者】
0-1 10分 セルヒオ・ゴメス(スペイン)
0-2 31分 セルヒオ・ゴメス(スペイン)
1-2 44分 リアン・ブリュースター(イングランド)
2-2 58分 モーガン・ギブス・ホワイト(イングランド)
3-2 69分 フィル・フォーデン(イングランド)
4-2 84分 マーク・グエーイ(イングランド)
5-2 88分 フィル・フォーデン(イングランド)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る