ウルグアイがW杯ストレートイン! カバーニ弾とスアレス2発で有終の美

2ゴールを挙げウルグアイ代表をW杯出場に導いたルイス・スアレス [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・南米予選第18節が10日に行われ、2位のウルグアイ代表と9位のボリビア代表が対戦した。

 他会場の結果によってはW杯出場の可能性がなくなるウルグアイは、エースのルイス・スアレスやFWエディソン・カバーニを中心に、W杯本戦出場を懸け敗退が決定しているボリビアに挑んだ。

 前半立ち上がりからウルグアイが積極的に攻撃を仕掛ける展開に。しかし23分、試合を動かしたのはボリビア。ウルグアイ陣内深くでボリビアがペナルティエリア内へスローイングを放り込むと、ディエゴ・ゴディンがクリアする。しかしそのクリアが味方のガストン・シルヴァに当たり、自ゴールに突き刺さった。まさかのオウンゴールでボリビアが先制点奪取に成功した。

オウンゴールで先制点に成功したボリビア代表 [写真]=Getty Images

 ウルグアイも黙っていられない。39分にはスアレスが右サイド深くでボールを受けるとクロス。中で待ち構えていたガストン・シルバが強烈シュートを放つと、マルティン・カセレスがコースを変え同点ゴールを決めた。するとウルグアイはさらに攻勢を強める。41分、左サイドでボールを受けたガストン・シルバが綺麗な弧を描くクロスを供給。すると中でフリーで待ち構えていたカバーニがヘディングでボールをゴールに沈め、追加点を決めた。カバーニはこれで代表39ゴール目を挙げた。

代表39ゴール目を挙げたカバーニ [写真]=Getty Images

 前半を2-1で折り返すと後半60分、ついにウルグアイのエースが躍動する。スルーパスから最終ラインを抜け出すと、狙いすましたシュートでウルグアイの3点目を挙げる。さらに75分には、ペナルティエリア手前でボールを受けると、一人で打開し左足のシュート決め、試合を決定づけた。

 その後、ウルグアイはまたもオウンゴールで失点するものの、試合は4-2で終了。ウルグアイは勝ち点「31」で予選を2位突破した。エースの活躍などにより予選最終戦で見事勝利を収め有終の美を飾った。

【スコア】
ウルグアイ代表 4-2 ボリビア代表

【得点者】
0-1 23分 ガストン・シルバ(OG)(ボリビア)
1-1 39分 マルティン・カセレス(ウルグアイ)
2-1 41分 エディソン・カバーニ(ウルグアイ)
3-1 60分 ルイス・スアレス(ウルグアイ)
4-1 75分 ルイス・スアレス(ウルグアイ)
4-2 78分 ディエゴ・ゴディン(OG)(ボリビア)