2015.07.02

離脱の安藤も再合流へ…決勝進出に貢献の川澄「23人全員で戦いたい」

川澄奈穂美
イングランド戦でフル出場した川澄奈穂美 [写真]=FIFA via Getty Images

 なでしこジャパンは、1日に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015準決勝で、イングランド女子代表と対戦し2-1で勝利。連覇へ向け決勝進出を果たした。

 後半アディショナルタイムに、相手のオウンゴールを誘うクロスを上げた川澄奈穂美は試合後、「やっと決勝まで行くことができるので、ホッとしています」と感想を語ると、「まだ試合が終わった後なので、ある程度落ち着いていますけど、次に向けての準備が始まったら、いよいよだな、という気持ちになってくると思います」と心境を明かした。

 クロスについては、「相手のサイドバックが下がっていたのが見えたので、仕掛けていけばいいところにボールが上げられると思いましたし、中にしっかり大儀見選手と岩渕選手がいてくれたので、結果的にああいった形になったのではないかと思います」とコメント。「ワールドカップはそんな簡単に勝てるところではないですし、どういった中でも、全員で結果を出せたことが一番うれしいです」と勝利を喜んだ。

 なでしこは、5日に行われる決勝でアメリカ女子代表と対戦する。川澄は、「世界大会3大会連続でアメリカと決勝戦ができるということを嬉しく思いますし、次の一戦も全員で戦って、絶対に勝ちたいと思います」と意気込みを語った。

 そして、決勝進出が決まったことで、初戦のスイス戦で負傷離脱した安藤梢の再合流も明言。「安藤選手もバンクーバーに来れることになったと思うので、23人全員で戦いたいと思います。頑張ります」とコメントしている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る