2015.06.28

終盤の1点で豪州に勝利…佐々木監督「なでしこのサッカーが実を結んだ」

佐々木則夫
オーストラリア戦に臨んだ佐々木則夫監督 [写真]=Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準々決勝が27日に行われ、なでしこジャパンはオーストラリア女子代表と対戦し、1-0で勝利。ベスト4進出を決めた。

 試合後、なでしこの佐々木則夫監督は、「選手も頑張って、ボールを動かしながら、粘り強く、最後は仕留めていただいて。日本の皆さんの朝早くから応援していただいたパワーが届いたんだと思います」と勝利に喜びのコメント。

 試合については、「根気強い、なでしこジャパンのサッカーが実を結んだんだと思います。よく頑張りました」と選手たちを称賛すると、「相手のプレッシャーが意外と弱かったので、逆に言うと早く自分たちのサッカーができたんだと思います」と試合を振り返った。

 スコアレスで迎えたハーフタイムでは、「焦ることなくじっくり90分で、もしくは、120分かかっても君たちの今のサッカーなら絶対にいけるから」と選手たちに指示を送ったと明言。岩渕真奈の決勝ゴールについては、「あの時間帯で岩渕選手のドリブルは効くと思いますし、初速がありますし。そういう意味でも、混戦からでもしっかり決めていただいて、よかったと思います」と、途中出場からの得点を称賛した。

 そして最後に、「継続して、次のステップを目指して頑張るだけですね。なんとかファイナルに皆さんとともに行きたいです」と、準決勝に向けて意気込みを語った。

 なでしこジャパンは7月1日に行われる準決勝で、イングランド女子代表とカナダ女子代表の勝者と対戦する。

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る